HOME

ポッカ1000km

2008年08月24日

2008スーパーGT鈴鹿1000km

真夏の四輪バトル「スーパーGT鈴鹿1000km(ポッカ1000km)」の決勝レースの模様を撮影。ポッカ1000kmの決勝レースを現地で観戦するのは3年振りです。今年は鈴鹿サーキットの撮影ポイントを再チェックすることを目的としているため、長丁場の6時間の決勝レースを撮影することにしました。

2007年08月18日

第36回インターナショナルポッカ1000km「土曜日のイベント」

“流し撮り”に引き続き、予選日のイベントを撮影。ここも「D70s + VR18-200mm」ではなく“あえて”「E-510 + ZD18-180mm」を使用した。サーキットは“スナップ専科”として使い物になるのか判定するのに丁度良い舞台であるため、期待を込めて挑んでみたが…

2007年08月18日

「OLYMPUS E-510」流し撮り SUPER GT 鈴鹿1000km編

撮り慣れた撮影地&被写体を相手に「E-510」を使うことで純粋に「撮影機材の性能差」を把握することができるため、撮影地が「鈴鹿サーキットのヘアピン」で被写体を「GTマシン」とすることである種のベンチマークとなる。
撮影機材: OLYMPUS E-510

2006年08月19日

SUPER GT 鈴鹿1000km 2006

今年の「Pokka1000km」は「2006 オートバックス SUPER GT シリーズ第6戦 第35回 インターナショナル ポッカ1000km」というとても長い名称になっていますが、経営不振にある「ポッカ」をGTアソシエイションが救済することで「Pokka1000km」を存続させることができたといったところでしょうか。
撮影機材: DMC-TZ1、CANON EOS 30D + 70-300mmIS

2005年08月21日

第34回インターナショナル ポッカ1000km

初めての「雨の中でのサーキット撮影」になったが、いつもと違う写真が撮れたと言う事で結構満足。E-1とμ-30の“雨でもヘッチャラコンビ”が初めて活躍した一日だった。今日の活躍が無かったらμ-30とはオサラバする予定であったが、とりあえずは残すことにしようかな。もちろんE-1は、これからもメイン機です。
撮影機材: OLYMPUS E-1、μ-30

2004年08月22日

2004年第33回 Pokka1000km

キャンギャルステージは今回もS1ISで撮影。しかし、ストロボチャージが遅くてまともに撮れないのはチト辛いか。午後のピットウォークもS1ISで撮影。μ-30の時よりはギャル達の愛想が多少良かったような感じたのは気のせい?
決勝レースの課題は「縦位置で流し撮り」、「超望遠レンズを使って迫力写真」、そしてバックファイアが派手なNSXを見て閃いた「バックファイアを流し撮り」の3本立てでイザ勝負。
撮影機材: CANON S1IS、OLYMPUS E-1、OLYMPUS μ-30

2003年08月24日

夏休み 8日目「Pokka1000kmで流し撮りを成功せよ」

残暑が厳しい鈴鹿サーキットは天候に恵まれ、最悪(?)のドピカン晴れである。FZ1の「流し撮り」モードのシャッター速度を落とすために純正NDフィルターを装着して挑むが、フルオート機ゆえの宿命、シャッター速度がどのくらいになってしまうのか完全にカメラ任せである。太陽光の当り具合が微妙に変化する関係で、1/30~1/100の間をウロウロするが、結果としては、かなりの割合で1/50~1/60で撮ることができていた。
撮影機材: LUMIX DMC-FZ1

2003年08月23日

夏休み 7日目 真夏の鈴鹿サーキット

今日の行き先は鈴鹿サーキットである。朝食も食べずに宿を7時に出発(朝食の時間は7時30分からだった)。
ひたすら鈴鹿目指して走るが、一般道はチンタラ走る軽トラや小型トラックのせいで流れが悪い。伊勢からは高速を使い、いっきに鈴鹿へ。9時前にはなんとか入場することができ、急いでパドックへ向かう。
撮影機材: LUMIX DMC-FZ1

2002年08月25日

2002年第31回インターナショナルポッカ1000km

私の「夏休み」最終日は、M君、T君、私の3人で鈴鹿1000km耐久の決勝戦を観戦してきました。T君の乗り心地のとっても良い車で行ったので道中は快適。
撮影機材:OLYMPUS C-1400XL


このページは青空写楽のカテゴリ「ポッカ1000km」のアーカイブページです。
総カウント数
6515