HOME

写楽日記

2015年1月〜12月

2015年1月10日

ロングライド用の撮影機材「TG-850」を購入

通算“31台目”となるデジカメは「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough ブラック」にしました。


“自転車用デジカメ”の二代目は「防水、防塵、耐衝撃」の「μTOUGH-6010」を購入したのが2010年7月でした。

ロードバイクで走る場合は荷物を極力減らしたいため、自転車ジャージのポケットへ無造作に収納しても問題が全く起きない「μTOUGH-6010」を常用していました。水中撮影すらできるデジカメですから雨の日の撮影も無問題のため、ブロンプトンの遠征の時のバックアップ機材という役目も担っていて、何度か役に立ったことがあります。

キズ防止のためにシリコンジャケットを被せていたという点もありますが、もともと頑丈にできているため、うっかり落下させても壊れることはありませんでした。

しかしながら、「防水、防塵、耐衝撃」は大きなメリットでありますが、あくまでも「記録用」の撮影と割り切る必要があります。「FUJIFILM X10」「Panasonic DMC-LF1」「PEN Lite E-PL7」のバックアップ用途とはいえ、写りに関しては落差が大きすぎます。(これについては人によって許容範囲が違いますが…)

「μTOUGH-6010」から4年も経っているわけですので、最近の「防水、防塵、耐衝撃」のデジカメの写りはどうなのでしょうか。

というわけで、昨年11月の九州遠征後から少しばかり検討していました。どうしても欲しいというわけではないため、「この性能でこの価格なら買っても良いかな」と思えるものがあればという前提です。実は「μTOUGH-6010」の時もタイミングよく安くなっていたので買ったわけです。

で、検討していたのは「TG-835」です。このシリーズで写りを求めれば「TG-3」ですが、「ロングライドの記録用&遠征のバックアップ」のために「TG-3」は大げさすぎます。「TG-835」ならば単純に「μTOUGH-6010」の進化版になるため、ちょうどいいのです。

「TG-850」を候補にしなかった理由は、“チルト液晶”が余計なお世話だからです。この手の可動箇所は壊れる可能性があるのです。さらに“チルト液晶”のせいでシリコンジャケットを使うことができません。あえて「TG-850」を選ぶ理由があるとしたら「焦点距離:21〜105mm(35mmカメラ換算)」でしょうか。遠征の時に「もう少し広角側が欲しい」と思うことがあるため、活躍機会があるかもしれません。現状は、「使うかもしれない」で携帯している広角ズームは単なる荷物になっています。

この手の機材というものは使わなければムダなものになってしまうため、1月のブルベから投入したいところ。

そろそろ「TG-835」を買おうかと価格を調べてみると、たまたまかもしれませんが、以前より値上がりしていたり欠品中になっていたりしています。その代わり「TG-850」がお買得になってきています。

春にはモデルチェンジするかもしれないため、今が買い時かもしれません。

1月6日の夜遅く、念のためキタムラの通販ページをチェックしてみると。。。「えっ!この価格なの?」

翌朝になってから“ポチッ”。

1月8日、届きました。


OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-850 Tough ブラック (キタムラ通販 amazonで21000円 1月10日時点)

ところで「デジカメを通販で買っても大丈夫なの?」と誰しも不安に感じると思います。

オリンパス製品の修理に関しては「E-PL7」で体験しましたが、いちいち購入店やサーポート窓口に持ち込む必要はありません。

ユーザ情報ページに購入した製品を登録をしておけば、オンラインで簡単に修理依頼ができます。翌日に宅配業者が自宅まで取りに来てくれて梱包も業者さんがしてくれます。修理の進行状況もオンラインで確認できます。2、3日で修理が完了して宅配便で自宅に届きます。

遠征から戻った翌日の11月26日に修理依頼。27日の夜、デジカメの引き取り。土、日曜日を挟んで12月3日の夕方、宅配便で届きました。

ということで、オリンパス製品ならば安心して通販で買うことができるのです。なお、オリンパスオンラインで購入した場合は、購入時点で製品登録がされているので手間いらずです。ちなみに他メーカーの場合がどうなのかは知りません。


「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough ブラック」は見た目が格好良いです。余計なお世話の“チルト液晶”ですが、E-PL7のような撮影スタイルが可能ですから、「もう少ししっかり撮りたい」という場合は便利かもしれません。

価格という点だけでなく「TG-835」や「TG-850」の購入をいったん保留していた理由は、私には必須となる「WiFi機能」が無いのです。WiFi機能を搭載したカードリーダーも買いましたが荷物が増えてしまうため、未だに遠征に携帯したことはありません。

「TG-835」や「TG-850」を調べてみると、随分前に購入して放置していた「Eye-Fi」が使えることが分かったため、「WiFi機能が無い」はクリアです。


さっそく「Eye-Fi」をテストしてみると、ものすごく面倒です。LF1やE-PL7のようにスマートフォンとWiFi接続して必要な画像ファイルだけ転送したいのに、何度試してもそれができません。「全て転送」では大量に撮影した後は悲惨なことになります。「なんだかな〜」とガッカリ。

「Eye-Fi」と似たようなやつに「FlashAir」というのがあって、これを使えば今までと同じようなことができることが分かったため「東芝 TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir Wi-Fi SDHCカード Class10 日本製 並行輸入品 (32GB)」を注文。


ジテツウで試し撮り。※21mm画角


朝陽に照らされるアンティーコ。

追記.


東芝 TOSHIBA 無線LAN搭載 FlashAir Wi-Fi SDHCカード Class10 が届きました。

さっそくEye-Fiと入れ替えてみると、拍子抜けするほどあっさり使えました。オリンパスのデジカメと相性が良いかもしれません。

2015年6月7日

松平郷の紫陽花と花菖蒲

今のところ最短で2か月間も自転車に乗ることができません。1か月後からは軽い運動は可能かもしれませんが、「休日は運動」が習慣になっているため、現時点での「運動NG」はストレスが溜まります。

自転車に乗れない期間は、自宅で映画鑑賞とか読書、たまに買い物と外食という退屈な休日を過ごすことになります。2008年秋に自転車遊びを再開するまでは、撮影のためにあちこち出かけていましたが、もともとそれは「腕を磨く」と「新しい機材を楽しむ」を目的にしていたため、今となっては撮影のために、わざわざ出かける気にはなれません。

ということで、なるべく「休日」を減らすために土曜日を出勤にしています。ため込んだ代休を復活後に思いっきり使います。

退院日は嫁さんが仕事だったため、退院直後に娘と二人で外食したわけですが、それもあってか嫁さんが「肉を食べたい」と言いだし、今日も肉を求めてお出かけです。

入院前に入院生活で必要な衣類をユニクロで仕入れましたが、その時に「ジャングル大帝」と「アトム」のTシャツも買いました。嫁さん曰く、それらが特売になっているらしいので、お出かけついでにユニクロでTシャツを追加購入。昼食はブロンコビリーに決定。ここの“サラダバー”は超お得です。


この際、どちらが“おまけ”なのかは置いといて、松平郷の紫陽花と花菖蒲を観に行きました。

本日の撮影機材は下記のシンプルな構成です。
・OLYMPUS PEN E-PL7
・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6


主題と副題に関して、私は背景処理に拘りを持つようにしています。


こちらはRAWで撮って後処理が必要なケースでしたが、面倒ですのでJPEGで撮影してレベル補正をちょいちょい。


満開の花菖蒲というわけではありませんが、「高月院」の白壁を背景にすると雰囲気が出てきます。


紫陽花を背景に1輪の花菖蒲。


嫁さんが同行しているため、“おまけ”は必須です。天下茶屋で「和風パフェ」をいただきます。

松平郷で撮影、ブロンコビリーで昼食、メグリア本店で買い物、そして昼寝。

日常的な休日を過ごすと、自転車遊びは非日常的な遊びなんだとつくづく感じます。

2015年6月14日

碧南市の花しょうぶ祭り

自転車遊び復帰までの休日をどのように過ごすのか、ほんと悩ましいことで、いきおいで遊べる車を買ってしまいそうです。

これからますます気温が高い日々が続くため、まずはいつものところで散髪。「短めで…」でお願いしたら本当にパッサリとカットされ、「ここまで短かったら頭を洗うのが楽かもしれない」という感じです。

次にブロンプトンのヘッドパーツの交換をメールで依頼していたショップへ。ブロンプトンの事を話しても盛り上がりそうもないため、ブロンプトンを預けてすぐに撤収。

まだ時刻は10時。出かけたついでに足を延ばして…


久しぶりに碧南の「油ヶ渕花しょうぶ園」にやってきました。市を挙げての「花しょうぶ祭り」ということもあってか、賑わいを見せています。駐車場の係員も配置されているため、車で訪問しても不都合はありません。


ゆるキャラグランプリ2014のご当地ランキングで654位だった碧南市の“ゆるキャラ”「しょうぶー」。「応援よろしく」だそうです。


例年より開花が早かったようで、見頃のピークを過ぎて華やかさに欠けます。


「花しょうぶまつりミニステージ」では、いろんな出し物があるようです。まずは、碧南市のゆるキャラの「しろじゃん」と「しょうぶー」のアピールタイム。

花よりイベント、そういう感じの「花しょうぶ祭り」ですね。

そして帰り際に近所のダイハツに立ち寄ってみました。もちろん目的は「コペン」の実車を見ることです。

2015年8月5日

オシャレな「旅×カメラ style magazine LAT.35°N」

先日購入した「Bicycle Photo magazine」をぱらぱらと眺めながら改めて「自転車とカメラの相性は微妙」と思ったわけです。景色が良いところを走りながら「あっ」と感じた風景に出逢えばすぐに撮ることができるというメリットがあるため、「自転車とカメラの相性が良い」となるわけですが、それはあくまでも自転車が主である場合です。

真剣に撮影をしたければ、デジタル一眼レフを2台、交換レンズを数本、ストロボ、三脚、フィルター類が必要になってきます。車で移動していた時は機材だけで10kgを超えていましたが、自転車では不可能です。頑丈なキャリアを付けて無理に運搬するくらいなら自転車を使わずに車を使えば良いとなります。

自転車遊びを再開した当初は撮影目的で出かけていたため、撮影が主だったわけですが、それでも自転車で撮影機材を運搬するとなれば、機材を厳選する必要が出てきます。デジタル一眼レフを1台、交換レンズを2本、ストロボ、この辺りが限度で、それ以降はどんどん軽量化を進めていき、「高級コンパクトデジカメ」をいくつか買い替えながらやってきました。ブロンプトンの遠征において距離を求める必要がなくなったタイミングでちょうど発売になった「E-PL7」を購入して、それ以降は「E-PL7 + レンズ2本 + 予備のコンパクトデジカメ」の体制になっています。

そもそも「撮影に費やす時間」それも問題になってくるため、「自転車とカメラの相性は微妙」に変わりはありません。

ネタ探しでamazonを眺めていたら面白そうな書籍があったためポチッしました。


LAT.35°N vol.1 (AERAムック)
旅×カメラ style magazine LAT.35°N vol.02 (AERAムック)

LAT.35°Nとは?
「LAT.35°N」とは「北緯35度」を意味し、日本(本州)を横切る緯線です。世界の各地へ旅に出て写真を撮る私たちにとって、旅のスタートラインになると考えました。また、「LAT.」というのは「LATITUDE」の略ですが、「緯度」のほか、「自由」、そして写真用語で「露出の寛容度」という意味を併せ持っています。カメラを片手に地球を自由にかけめぐるイメージで名づけました。

ファッション雑誌のような表紙の「LAT.35°N」ですが、「LAT.35°N」では何の雑誌なのかさっぱり分からないということが編集者も気が付いたのか、いきなりVol.2から書籍タイトルが「旅×カメラ style magazine LAT.35°N」に変更されています。Vol.1しか見ていなかったらカメラ関係の書籍だとは思えませんね。私も最初にVol.2を見つけたため興味を持ったわけです。

カメラ女子を読書ターゲットとしているようで、カメラ雑誌とは少し違って全体的にオシャレな雰囲気を演出しています。ただ、あくまでも雰囲気重視であるため書籍の立ち位置が「ハウツーもの」なのかは微妙です。カメラ女子がオシャレな街を旅して、オシャレな写真を撮りたい、そんな気分にさせてくれる書籍かもしれません。書店のカメラコーナーに置くよりファッションコーナーに置いた方が売れそうな気がします。機材に関しても難しい話はいっさい無しで、旅行先で綺麗な写真を撮りたければこれがお勧めという感じで紹介しています。

実際のところ、旅とカメラの相性も微妙で、旅が主となれば機材を厳選する必要があるため、それに相応しいノウハウが必要になってきます。機材ありきの撮影を主としたノウハウとは少し違います。

「○○とカメラ」のようにあくまでも○○が主になる場合のカメラに関しては、写真撮影を主にやってきた人ではない人たちのアイデアなりノウハウが役に立ってくると思います。

2015年9月29日

バラは早くてコスモスは遅い

期末で代休が消滅してしまうため、用事もないのに午後半休。せっかくのドピカン晴れですから、何もせずに帰宅するのはもったいないです。

ということで、午後からぐるっと三河の山奥でも走ろうかとニローネフラットバーで出勤したのですが、山に向かって走り始めると何となく退屈感があります。目的も無しにたくさん走るのはもういいかなという雰囲気。


下山のパン屋で遅い昼食タイム。食べ終わるころには「まっいいか」となってしまい、帰りながら花ポタに路線変更。花ポタというのは、自転車遊びを再開した7年前になんとなく近いかもしれません。


下山からの帰路なら少しルートを変更すれば奥殿陣屋に立ち寄ることができます。ここのバラ園には過去に何度も訪れていますが、今年はなんだか雰囲気が違います。なんと9月29日の時点でバラの見ごろが過ぎています。どういうことなのでしょうか。

では、コスモス畑はどうなのか…


うむ、こちらも微妙ですね。華やかさが全くありません。すでに散ってしまっているもの、まだ蕾のもの、ばらつきがありすぎるコスモス畑です。


コスモスの開花のばらつきが大きいため、長い期間楽しめるかもしれませんが、写真撮影には向かないかもしれません。

2015年9月30日

愛知牧場のキバナコスモス

デミオDの1か月点検と同時にダンパーを交換してもらうことにしました。作業時間に4時間ほど要するらしいので、“徒歩”で愛知牧場へ向かうことにしました。

事前に地図を見た限りではすぐ近くのように感じましたが、実際に歩いてみると70分も掛かって愛知牧場に到着。折り畳み自転車を持って来れば良かったと少しばかり後悔。


さっそくコスモス畑を覗いてみると、開花が遅れているのかまだまだこれからという雰囲気で、「コスモス迷路」は封鎖されています。ロープが張られているため中に入ることはできません。


休日になると妙に混雑する愛知牧場も平日ならば落ち着いて過ごすことができます。ソフトクリームを食べながらしばし休憩。愛知牧場のソフトクリームは濃厚なミルクで作られているためとても美味しいですよ。

何か無いものかと園内ウロウロすると「キバナコスモス迷路」の看板があったため、奥に進んでみます。


見事な「キバナコスモス畑」が目の前に現れました。こちらは満開状態ですので、迷路も営業中です。オッサン独りで迷路で遊ぶというわけにもいかないため、外から眺めるだけです。


キバナコスモスは背景処理をしやすいため“絵”になりますね。


本日の撮影機材は「OLYMPUS PEN E-PL7 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」の1本勝負ですが、そこそこ撮ることができました。できれば「E-3 + レンズ数本」で挑みたいところですが、ウォーキングも兼ねている場合は重量的に難しそうです。

さて、マツダのディーラーまでの復路は愛知池を経由しましたが、なんと2時間も掛かりました。ディーラーまであと僅かという地点で歩くのが苦痛になってきたため、まだまだ鍛える必要がありそうです。

2015年10月18日

コスモス畑と挙母祭り2015

今日こそは200km程度は走っておきたいということでいつも通りに6時前には起床。山なら平谷往復+α、平野部なら伊良湖往復、ベンチマークなら弁天島200kmコース、手軽に知多イチ+αなどなど、寝る前はあれこれ妄想していたのですが、いざ朝を迎えると妙な頭痛なため心身ともに休養モードに突入。この妙な頭痛は相変わらずで単純に寝不足かもしれません。眠りが浅くてトータルの睡眠時間は長い割に寝た気がしない日々です。

地元の祭りで近所が騒がしいため、それが落ち着いてからゴソゴソと準備をして、適当に走り出します。

「とりあえず香嵐渓まで行こうかな」と走りますが、途中で気が変わって「そろそろ豊田スタジアムのコスモスが見ごろだろうか」となって、行き先変更。


タイミングよく、コスモスが満開になっています。道路を挟んで北側にもありますが、そちらはすでに見ごろのピークを越えているため寂しい雰囲気ですが、南側はちょうど見ごろになっています。この方角の反対側にも同じくらいの広さのコスモス畑があります。つまり、豊田スタジアムのコスモス畑は写真で見るより4倍以上の広さがあるということです。種まきの時期を微妙にずらして少しでも長く楽しめるようにしているのかもしれません。

かなり昔から「地元の祭り」と「挙母祭り」の日程が同じであるため、地元の祭りに駆り出されていた時期には挙母祭りに見に行くことができませんでした。やっとフリーになったころには祭りを観に行くこともなくなったのですが、「自転車」でぶらぶらするついでに立ち寄るにはちょうど良いイベントです。


ということで、挙母神社に到着。自宅を出るのが遅かったことが幸いして、全ての山車が挙母神社に集結しています。撮影ネタとしては各地を練り歩いてくる山車を撮った方が面白いのですが、そのためには事前にタイムスケジュールとルートを調べておく必要があるため、思い付きでは撮影はできません。


祭りも見るものではなく参加するものでしょうね。ただ、祭りの委員になってしまうと辞めることができなくなってしまうため、地元の祭りに関しても「参加義務」の期間を過ぎてからは関わらないようにしています。20年とか30年も関わっている大御所さんたちは殆ど接待祭りみたいなものでしょうが…

このまま帰宅してはネタ不足のため、ぐるっと豊田市の西側を走ります。逢妻女川のコスモス畑はどうだろうか。そろそろ見ごろのはずです。

逢妻女川の遊歩道を南下すると遠くからでもコスモス畑が見えてくるのですが、景色がいつまで経っても地味です。なんとなく嫌な予感がします…

なんと、コスモス畑ではなく田んぼです。今年は米を作ったようです。「休耕田 = コスモス畑」ですから当然ながら米を作る年はコスモス畑にはなりません。残念…


諦めて再び南下するとぱっと鮮やかな光景が飛び込んできました。昨年のコスモス畑から数百メートル離れた場所が今年のコスモス畑になっていました。


演出は何もありませんが、広大なコスモス畑を見ることができて少し得した気分です。今年のコスモスもそろそろ終わりですね。コスモスが終わりを告げるといよいよ本格的な秋になります。

本日は距離34.0km、獲得標高190mでした。

HOME
ページランク総カウント数