HOME

写楽日記

2012年1月〜12月

2012年1月21日

松平郷のロウバイ

今週の天気は非常に不安定のようで天気予報がコロコロ変わっていました。さて土曜日は「曇り」or「曇り時々雨」どちらなのでしょうか。

「曇り」になることを期待して「三河七巡りサイクリング」を計画して、前日の夜は1時間掛けて準備。LupoDのチェーンが先日のサイクリングで突然切れてしまい、まだチェーンの伸び率としては余裕はありそうですが念のために交換。次に、寺巡りは迷子になりやすいためナビを装着。ナビの設置場所の確保に一苦労。

さて、土曜日の朝、碧南のお寺に8時30分到着予定で支度をして、さてそろそろ出発するかと外に出てみると、なんと雨が本降りです。残念…

LupoDを片付けて、自転車雑誌を読みながら時間を過ごすと9時前には雨が止んで、これならなんとかなりそうな雰囲気。キャスパーに泥除けを装着してイザ出発。

天気予報によると午後から本降りらしいので、3時間程度のサイクリングとなれば、定番の松平郷かな。ということで、念のためポンチョも携帯して走り出しましたが、自宅周辺では太陽も顔を出していて「もう雨なんか降らないんじゃないのか?」という空模様。

水源公園経由で二畳ヶ滝のルートを走ると、さすがに山間地は「霧雨」なのか、ポンチョを着るほどではないけれど少し濡れてしまう程度の雨が降っています。それでもウインドブレーカーでなんとかなるため先を進めます。

自宅から1時間20分ほどで松平郷に到着。初の“雨のロウバイ”撮影となりましたが、定番の「雫」です。撮影機材は「μTOUGH-6010」ですから、これで撮ることができる範囲でそれなりに楽しめました。

新聞記事に「今が見頃」と書かれていた通りに、今シーズンはちょうど良いタイミングで訪問することができました。

松平郷から松平までの区間は、途中でポンチョが必要になるほどの「雨のダウンヒル」となってしまい、風の抵抗が非常に大きく、いつもなら50km/h程度出るようなところでも35km/h。

水源公園に戻る頃には、雨は全く降っておらず、結局のところ山間地のみ降っていたのでしょうか。

走行距離40.45m、高度上昇369mでした。

2012年2月25日

春仕様のキャスパーで梅巡り

さて、そろそろ「梅の花」の時期ですから、午後からは地元の定番の梅祭り会場を覗いてみることに…


「佐布里池」に到着。開花状況は、残念ながら一分咲き程度です。


見頃になるのは、まだ2週間くらい先でしょうか。


次にやってきたのは「名古屋市農業センター」ですが、こちらは全く開花していません。蕾も非常に小さいため、開花がいつになるか検討すらつきません。


不思議なことにロウバイが未だに満開です。今年の花ポタのスケジュール組みは非常に難しくなるかもしれません。


「梅の花」を諦めて、なごやか牧場のジェラートをいただきます。「さくら」と「にんじん」のダブルコーンで350円なり。ネタのつもりで「にんじん」を選択しましたが、意外にも美味しいです。

3箇所目、4箇所目に立ち寄るのはやめて、このまま帰宅。

走行距離 : 80.72km
高度上昇値 : 420m
平均スピード : 23.1km/h
平均バイクケイデンス : 87rpm

2012年3月4日

平芝公園の梅祭り

次回の四国遠征に備えてブロンプトンのリアスプロケットを13Tに戻しました。

フロント44T、リア15Tの組み合わせならトップギアで25km/h前後で巡航できていましたが、最近は22km/h前後で走ることが多いため、トップギアでは重すぎ、ミドルギアでは軽すぎるため、脚への負担を感じていました。

リアキャリアを装着したことと、タイヤを丈夫なグリーンラベルに交換したことで、軽快さが無くなってしまい巡航速度が以前に比べて落ちているのかもしれません。もちろん遠征時の大量の荷物もある程度は影響していますが、荷物を減らしてみても平坦区間での巡航速度はそれほど違いはないため、キャリアとタイヤの影響は大きいようです。


四国遠征前の試走を兼ねて、豊田市の梅の名所である「平芝公園」にやってきました。ようやく梅が開花しましたが、それでも開花している品種は非常に少なく、しだれ梅は全く開花していません。


例年なら本日が「梅祭り」の最終日になるため、雨雲が漂うような天候にも関わらずファミリー客が大勢訪れています。無料で配布されている「ぜんざい」をいただいて体が少し温まりました。


今年の梅はどこも2週間程度は開花が遅れているようで、梅が咲いていない「梅祭り」が日本全国で開催されたことでしょう。さて「桜」はどうなることやら。

走行距離 : 31.85km
高度上昇値 : 161m
平均速度 : 17.9km/h

2012年4月1日

桜を求めて伊勢志摩へ

岐阜の地図を眺めていると「高山」を起点に東西南北それぞれに楽しそうなルートを設定できそう。そこで、今後の遠征の下見を兼ねて、高山まで輪行で移動、下呂を経由して美濃加茂まで走る予定でしたが、昨日の「豪雨」の影響がまだあるようで天気予報は「雪」。今年の春は非常に冷え込むため、山間地を走るのはもう少し待った方が良さそうです。

そこで、「遠征予定コース」の候補の中から今の時期でも十分に楽しめ、もしかしたら開花が遅れている「桜」も楽しめるかもしれない伊勢志摩エリアを走ることにしました。

走行レポート
→ ブロンプトンで観光ポタリング Vol.58 春の伊勢志摩サイクリング

本日のルートマップ

春の伊勢志摩サイクリング

できるだけ現地でのスタート時刻を早めたいのですが、鉄道を使うとどうしても制約がでます。1時間早く現地入りするために「特急」を利用。

その1時間のための差額が1280円なり。

午前5時25分自宅を出発、午後7時25分帰宅。総所要時間が14時間ですので、本日は移動時間に6時間42分も費やしていることになります。往復とも輪行の日帰りサイクリングは非常に効率が悪いようです。

2012年4月10日

早起きして桜鑑賞ポタ

3月はブロンプトンでいつも以上に数多く走り回っていたため疲れが溜まり、3月26日からはジテツウにブルーノミニベロ16を投入しています。LupoD、キャスパー、ミニベロ16のアベレージを比較すると実際のところそれほどの違いはありません。複数日のデータを平均してみると、ミニベロ16はLupoDと比べて0.5km/h程度遅く、キャスパーと比べて0.5km/h程度速いということになっています。

「疲れている時はミニベロ16を使う」の理由は極めて簡単なことで、漕ぎ出しが圧倒的に楽だからです。筋力疲労の大半は加速時と上りであるわけで、その時の負担を軽減させることができるのがミニベロ16というわけです。といっても明らかに疲労しているという場合はジテツウを自粛していますが。

地元でも桜の開花が非常に遅れていて、例年の1週間遅れで満開となりました。そこで今朝はいつもより早起きして出勤前に「桜鑑賞ポタ」を楽しみました。

まずは定番中の定番の水源公園の桜。

水源公園の桜

次に岡崎市細川町。

岡崎市細川町の桜

そして奥山田の「しだれ桜」。例年なら既に散り終わっているハズですが、ちょうど見ごろになっていました。

奥山田の「しだれ桜」

暖かい春日和の中、のんびり桜を楽しむことができた今朝のジテツウでした。

2012年6月17日

紫陽花サイクリング2012

毎年恒例の紫陽花サイクリングですが、昨日は本降りのため中止、今日は早朝のみ雨で時間の経過とともに晴天になりそうな天気予報でしたが、地元の清掃作業があるため、いつもより遅い午前10時スタート。

昨年の「小雨の中を花菖蒲と紫陽花を巡る」はぐるっと回るルート設定でしたが、地元の花菖蒲と紫陽花の観賞地巡りもそろそろ飽きてきたため、今年は「とりあえず100km程度走ってくるか」という適当な紫陽花サイクリングになります。


ニュース番組で「紫陽花の見頃を迎えた」とやっていた幸田町の「本光寺」です。駐車場の空き待ちの車で周辺の生活道路がプチ渋滞。「形原温泉あじさいの里」とセットで訪問するパターンが多いのかもしれませんが、どちらも朝一で訪問しないと「駐車場の空き待ち」になるので要注意。自転車なら無問題ですけど。


蒲郡のコンビニでおにぎりを調達して、竹島で昼食タイム。「さてさてこの後はどうしようかな」とボチボチと走り始めながら「そういえば三河湾スカイラインを反対側から上ったことがないな〜」となんとなく思いつき、えっちらおっちら上り始めますが…


「国坂峠」までが結構キツイ。妙に脚が疲れていて、勾配8%程度でもヘロヘロの滝汗状態。先日の「茶臼山遠征」と同じように心拍数を高めるほどの筋力がないので、時間ばかり掛かって、なかなか上りが終わりません。


桑谷山荘も紫陽花で有名ですが、こちらの見頃の時期は1週間くらい先でしょうか。お風呂に入ってランチを食べてのんびり過ごすというシニア客が大勢訪れているのか駐車場は満車状態です。さて、幸田町側に下ってさっさと帰るか…

ところが、太ももの裏側が筋肉疲労なのか、回すのが苦痛になってきました。デンソーの坂を下ったところのコンビニで臨時の休憩タイム。15分ほどで疲れを感じなくなったので、もう大丈夫かなと思ったものの、30分ほどで再び苦痛になってきて、結局自宅まで後3kmほどの地点にある公園でギブアップ。ベンチで10分ほど横になった後、ラストスパート。16時少し過ぎに帰宅。

本日のデータ
走行距離: 101.22km
高度上昇値: 912m
平均速度: 19.6km/h
平均バイクケイデンス: 77rpm

2012年11月11日

今年の香嵐渓の紅葉

週間予報では「雨」で確定していた貴重な11月の日曜日。これほど休日が貴重だと思えるのは4月上旬の「桜」と11月の「紅葉」の時期でしょうね。とくに見頃に拘ると有給を遠慮なく取得する必要がありますが、来シーズンの「遠征」のために今月は自粛中。

貴重な休日が雨で休養日になるところでしたが、念のために5時30分起き。。。

雨雲が三河地区に辿り着くのは11時頃らしいことが朝の天気予報で分かったので、急いで支度をして6時25分自宅を出発で、向ったのは「香嵐渓」です。昨日の「静岡遠征パート1」だけが原因ではないようで、最近は妙に脚が疲れている状態のため、「山」を走り回るのはちょっと難しいためムリができません。

途中で雨が降っても問題がないようにジテツウ用のキャスパーで香嵐渓へ向いますが、これまた妙に膝周りに疲労感があります。快適性が全くなく、往路で既に苦痛を感じるほどです。キャスパーの購入当初にあった快適性はどこにいってしまったのでしょうか。アンティーコの時より15分も余分に要して香嵐渓に到着。

朝8時の時点で既に西側の駐車場は満車状態。天気が崩れることが分かっていても“貴重な休日”ですから、とりあえずやってくる観光客が多いようです。なお、天気が良い日なら「7時に到着」が必須です。

今年の紅葉は例年より早いようで、ちょうど見頃になっています。

まだ8時なのに既に行列ができていますね。天気が良い昼間だと、ここは大混雑となるので、近づかないことをお勧めします。

9時30分ごろ帰宅。風呂に入った後、昼過ぎまで睡眠タイム。

走行距離:61.68km
獲得標高:248m

HOME
ページランク総カウント数