HOME

写楽日記

2010年1月〜12月

2010年1月23日

菜の花巡りと蔵王山

今日はチャリンコ倶楽部のYさんと「渥美半島の菜の花ツーリング」をしました。

輪行で「三河田原」まで行ってから、ぐるっと渥美半島を右回り。

田原手前で仮解散した後、田原をプチ観光してから蔵王山を登頂。

豊橋までひたすら走り、輪行で帰宅。

本日のレポートはこちら
→ ジオス ANTICO でツーリング Vol.5 渥美半島の菜の花巡りと蔵王山

2010年3月27日

今日は西三河の桜巡りをしましたが

最近は久しぶりに仕事が忙しく、毎日テンパッてやっているせいか、眼精疲労と肩こりが酷い。昨日は胃腸まで痛くなってきました。ここを乗り切れば再び暇な日々を送れるため、もうちょっとの頑張りです。

ということで、気合を入れて平地ロングをする予定でしたが、昨夜は微熱まで出てきたので、今日は軽めのサイクリングをすることにしました。


本日のレポートはこちら
→ ビアンキ Lupo D でサイクリング Vol.28 西三河エリアの桜観賞地巡り

ビアンキLupoDのディスクブレーキのパッドを交換した効果は抜群でした。ブレーキングの度にものすごい音がしますが、ガッツリ効くようになっています。3000km程度でブレーキパッドを交換した方が良いのかもしれませんね。

2010年3月28日

桜を見ながらポタリング…

今日はチャリンコ倶楽部の定例走行会です。3月の企画は「桜鑑賞ポタ」として岡崎市・西尾市・安城市の定番の桜鑑賞地を巡るポタリングをします。

本日のレポートはこちら
→ 第十回チャリンコ倶楽部「西三河桜ポタ」

2010年4月3日

桜巡りサイクリング

ようやく満開になった桜ですが、先日の雨に引き続き、突風が吹き荒れるため、あっと言う間に散ってしまいそうです。

今日は午前中だけの走行となりましたが、「みよし市 三好池」「日進市 岩崎城」「長久手町 古戦場公園」「名古屋市 平和公園」「豊明市 三崎水辺公園」「刈谷市 洲原公園」に行ってきました。


本日のレポートはこちら
→ ビアンキ Lupo D でサイクリング Vol.29 満開の桜サイクリング

2010年4月7日

花見ポタと花見散歩


「伊賀八幡宮の赤い橋」で記念写真。桜が散り始めると路面がピンク色になるので、絵的に好きです。


のんびりと桜を見ながら走って岡崎公園に到着。ようやく花見客も落ち着いてきたという雰囲気で、時間を気にすることなくゆっくり滞在できます。


何枚か撮った中からお気に入りの一枚。


安城のドラッグストアで大量に買物をした後、自転車道を北上します。ようやく良い感じの景色になったなぁという雰囲気。今年は満開になるまで例年以上の日数を要したため、桜を何度も楽しむことができました。

本日の走行距離は約31km。昨日酷使した筋肉をほぐすのにちょうど良いポタリングでした。


ドラッグストアで仕入れた品々です。総額8812円なり。自転車遊びはランニングコストも結構掛かります。

今日はこれで終わりではありません。嫁さんが「まだ花見に行っていない」と言っていたので、午後から近場の桜観賞地に行くことにしました。


選んだ場所は「三好池」です。今年も桜巡りでいろんな所に行きましたが、私はここが一番気に入りました。


桜を見ながら池の周りをぐるっと散策できるのです。距離にして4.5kmの花見散歩を楽しみました。

2010年4月30日

広報誌の表紙を飾りました

先日、某広報誌の制作会社から私が撮った写真を使いたいという連絡を貰いました。写真をいくつかピックアップして提供したところ…

なんと私の写真が広報誌の表紙になりました。プロのデザイナーさんがレイアウトすると、ものすごく良い写真に見えますね。

撮影者名を「青空写楽」にしてもらったところ、しっかり表紙に印字されています。

何事も一生懸命(というよりは熱中してとことん)やれば、こういう嬉しいこともあるよということでしょうか。

2010年5月5日

カキツバタと藤の花観賞ポタ

今年のGWは昨年とは違って連日の行楽日和でしたが、急に真夏日の様な天気になって、このままでは気合を入れて自転車で走り回るのも辛くなりそうです。

GW最終日はチャリンコ倶楽部のダイエットの部を予定していましたが、「藤の花」と「カキツバタ」が上手いことセットで見頃になってきたため、急きょ「カキツバタと藤の花観賞ポタ」に切り替えました。


まずは「岡崎公園の五万石ふじ」です。今日の集合場所でもありますが、出発時間の20分前に到着して、しばし藤の花の撮影を楽しみました。


ようやく満開になった「五万石ふじ」。たぶん今日の昼間は激混みするでしょうね。矢作川の堤防道路を走って次の観賞地へ向かいます。今日はポタリングですから堤防道路を22〜23km/hでのんびり走るととても気持ちが良いものです。


「碧南市の広藤園」で、みたらし団子を食べながら藤の花を楽しみます。


ようやくこちらも見頃を迎えました。


中日新聞に「丈山苑のカキツバタが見頃になった」と書かれていたので訪問してみました。


ここでは池を上手く絡めて撮ってみると面白いかも。


そして「カキツバタ」のメイン会場の「無量寿寺」です。昨年は原因不明の病気になってカキツバタが壊滅状態でしたが、今年は奇跡の復活を果たしています。


今年のカキツバタは、あと1週間くらいは楽しめそうです。

本日の「カキツバタと藤の花観賞ポタ」の走行距離は約63kmでした。

ポタリングだった割にはアベレージは21.2km/hでしたので、ポタリングの部も走行速度が速くなっているようです。

2010年5月22日

浜名湖のバラと旧本坂トンネル

右膝の痛みが完治しないため、「茶臼山高原道路」遠征を延期して、チャリンコ倶楽部のメンバーと観光サイクリングを楽しむことにしました。

JR二川駅→二川宿→潮見坂→新居関所→弁天島→浜名湖ガーデンパーク(バラ園)→気賀関所→三ケ日→旧本坂トンネル→JR蒲郡駅


本日のレポートはこちら
→ ジオス ANTICO でツーリング Vol.10 初夏の潮風ランin浜名湖

夏場のロング走行は体に悪いため、しばらくは観光サイクリングを楽しむことにしようかと思いますが、体力を維持するためにも月に1本は「センチュリーラン」も必要かも。

2010年6月2日

茶臼山の「天空の花回廊 芝桜の丘」

土曜日、日曜日は「茶臼山高原道路」が大渋滞するため、その中を自転車で走るのもツライです。そこで、平日に休みを取って出かけてきました。

本日のメニューは…
・茶臼山高原道路
・芝桜の丘
・茶臼山ヒルクライム(県道506号)
・ささぐれもみじ街道


本日のレポートはこちら
→ BIANCHI Via Nirone でツーリング Vol.12 茶臼山の芝桜&ヒルクライム

2010年6月5日

花しょうぶ巡り2010第一弾

今日はチャリンコ倶楽部のメンバーと「花しょうぶ巡り」を楽しみます。

ポタリングですから距離を稼ぐ必要がないため、集合場所まで車で行くことにしましたが、時間的には自走で行っても10分程度しか違わないのですが…

出発前に念のためミニベロ16のタイヤの空気を規定圧まで入れて、出発の支度をしていると玄関のほうから「シューシューシュー」とかなり大きい音がするではないか。

なんと空気を入れて20分後に勝手にパンクしました。もう訳が分からん。急いでチューブを交換しますが、パンクの理由が分からないため、パンクしたところを目安にリム側にガムテープを貼っておきました。


本日のレポートはこちら
→ ルーノミニベロ16ロードでプチツーリング Vol.27 花しょうぶポタ2010「花と華」

2010年6月20日

紫陽花サイクリング

紫陽花の季節ですので、空模様が怪しい中、チャリンコ倶楽部のJin君と「紫陽花サイクリング」をすることにしました。

雨が降り出したらすぐに撤退できるように今日のスタート地点は西尾市の道の駅にしました。

本日のコース


まずは「広域農道グリーンロード」を走ってみますが、予想よりもキツい上りで結構疲れます。できれば20kmほど走って十分にウォーミングアップさせてから上り区間に突入した方が良さそうです。


上り終わって安心したことが原因なのか、うっかり道を間違えて県道41号を東に向かって走ってしまったため、そのまま本光寺へ向かいました。


昨日の雨、そして今日も雨が降りそうな天候ですので、紫陽花がとても綺麗に見えます。まだ時刻は9時ですが、すでに観光客が大勢訪れています。


そして、本日のメインイベント「三河湾スカイライン」をえっちらおっちら上りますが、力強く上っていくJin君はあっと言う間に視界から消えました…。上りきったところで合流して、定番の撮影ポイントで記念写真。すでに全身が汗でびっしょりです。(もしドピカンだったらどうなっていたことやら)


「桑谷山荘」の“あじさい園”を散策します。


多少なりとも標高が高いのか、気持ち良い涼しい風が吹いている中、しばし紫陽花散策を楽しみました。


今日は「国坂峠」を蒲郡側ではなく豊川側へ下ってみました。豊川側は緩い下りとなっているため、景色を見ながらサイクリング気分を楽しめます。東三河ふるさと公園に立ち寄りたかったため、南側のゲートから自転車で走れそうな広い散策路を少し走ってみましたが(急坂を上る)、突き進んで「自転車通行止め」になっていると南ゲートまで戻る必要があるため撤退。旧東海道を走って岡崎方面に向かいます。仕方なく国道一号線を走る区間は気合を入れて40km/h前後で走りますが、幸いにも今日は交通量が少なくて助かります。


今日は“走り”と“散策”の連続で休憩がないため、岡崎市内に入った辺りでエネルギー切れ。力が入らなくなってきたため、急きょ“うどん屋”にピットイン。徳川庵さんで“天ころ”の大盛り(1100円)をいただきます。


その後、渡橋から矢作川の堤防道路を走りますが、雨が降り出しそうな気配があるため、トレーニング走行のように気合を入れて走ります。志貴野橋までの所要時間は18分30秒でしたので、いちおう過去最高記録。道の駅に戻り、自転車を車に積み込んでいると雨が本降りになってきたので、まさにギリギリセーフでした。

本日の走行距離は約79kmでした。

2010年9月26日

逢妻女川と逢妻男川の彼岸花

買物と外食のついでに改良版ブロンプトンの試運転をすることにしました。

豊田市内で車を全く気にすることなく快適に走れる場所は逢妻女川の堤防道路です。ちょうど彼岸花も見頃になっているハズですので一石二鳥。


まずは「逢妻女川」ですが、開花にばらつきがありますね。少しでも長く楽しめるように“あえて”そのように手入れしているのでしょうか。


逢妻女川の堤防道路は遊歩道ですから車を停める場所は全く有りません。彼岸花を観る時は、自転車で訪問しましょう。

シャカシャカとブロンプトンを進めて、堤町を左折して竹村へ向かいますが、いつものスプリント区間で全開走行。なんとか35km/hまで上げることができましたが、漕ぐのをやめると10秒も経たずに25km/hまで速度が落ちます。むちゃくちゃ転がり抵抗が大きいですねぇ。やはり20km/h前後でポタするのが良いのかも。チェーンリングを44Tにしてあるので、20km/h前後で走るのに適しています。


「逢妻男川」に到着。


バックミラーを使って撮ってみました。


「逢妻男川」の彼岸花ですが、ちゃくちゃくと面積を広げているようです。数年後にはライバルの「逢妻女川」を追い抜くかもしれませんね。

本日の走行距離は約15kmでした。

2010年11月3日

付知峡の紅葉

急激に寒くなったので「紅葉」の見頃がいつになるのか分かりづらいシーズンになりそうですが、“見頃”になったからといって有名な紅葉スポットに出かけると観光客の車が多くて、気楽なサイクリングという雰囲気にならないような…

昨年取りこぼした地元の紅葉スポットに加えて、なるべく遠征もしたいものです。まずは“少し足を伸ばして”というエリアから遠征することにしました。出かけられるのは休日だけですので、日数的に限られるため、「見頃にはまだ早い」と分かっていても雰囲気だけでも楽しみます。

東海地区の紅葉スポットを検索してみたところ下記のサイトが見つかったため、これを参考にルートを検討してみました。

紅葉特集東海版 byご近所ねっと

・付知峡(つけちきょう)
・下呂温泉寺
・中山七里

付知峡に立ち寄ってから下呂に行き、折り返して飛騨川沿いの景色を眺めながら南下するコースを作成。

そして本日のレポートはこちらです。
→ BIANCHI Via Nirone でツーリング Vol.22 ツール・ド・下呂

この時期に山間地を自転車で走るときに一番悩むのが「服装」です。前回の「ツール・ド・豊田市」では、上りで汗だく、下りで冷え冷えという悲惨な状態になったため、今回は「シルキードライ+長袖ジャージ+半袖ジャージ+ウインドブレーカー」という組み合わせを試してみました。そして、念のためシャツを一枚携帯しましたが、さすがにポケットが6個もあるといろんなものを携帯できて便利です。

2010年11月7日

御在所岳の紅葉

紅葉を楽しめる期間は、標高が高い場所から低い場所へ順次遠征するとしても5週間が限度でしょうか。5回の週末をいかに有効的&効率的に使うのかが勝負となります。

輪行または車を使う場合、必然的に走行時間が短くなるため、コース作りも悩むところです。

御在所岳と鈴鹿峠をセットにした「ツール・ド・御在所岳」を検討してみましたが、肝心の鈴鹿スカイラインが頂上付近で通行止めになっています。そして一本隣の峠道も通行止めですので、さらに隣の「鞍掛峠」を通ると160kmコースになり、現実的には遠征で御在所岳&鈴鹿峠&鞍掛峠を走るのは不可能です。

代わりに「ツール・ド・恵那峡」にしようかと考えていたら、家族からの「長島のアウトレットに行きたい」という要望があって、急きょ「御在所岳」の紅葉を楽しむサイクリングをすることにしました。

そして本日のレポートはこちらです。
→ ブロンプトンで観光ポタリング Vol.20 鈴鹿スカイラインの紅葉

勾配10%超えの坂をブロンプトンで上る時のトルクを掛ける範囲ですが、12時から掛け始めると膝に激痛が走るようになってしまいました。ブロンプトンでハンドルを引きながらペダルを蹴り出すような乗り方をすると、間違いなく膝を壊します。もともとママチャリスタイルで乗るブロンプトンですから、高トルクが必要になった時点で、えっちらおっちらの立ち漕ぎをすれば、時速6km以下になりますが、比較的楽に上れます。ケイデンスが40rpmを切っても安定して上れるというのは、ある面すごいことです。ということで「鈴鹿スカイライン」の急坂&激坂区間は、ひたすら“えっちらおっちら”で上りました。

なお、折り畳み自転車で鈴鹿スカイラインを上っていると注目の的でした…。

2010年11月14日

岐阜の紅葉巡り

どれだけの紅葉巡りができるのか分かりませんが、今回も岐阜エリアで紅葉サイクリングを楽しむことにしました。しかし、さすがに山ばかりの岐阜ですから、紅葉の名所が大量にあってどこに行こうか悩みます。

高山まで輪行して、飛騨せせらぎ街道を走るか…

郡上八幡まで車で行って、ツールド郡上を楽しむか…

恵那まで輪行して、高蔵寺を経由して瀬戸までブロンプトンで走るか…

あれこれ検討しましたが、車で行くにしても輪行するにしても、どうしても現地でのスタート時間が遅くなります。かと言って、一泊二日で走るようなコースにもならないので、ゴール時間に制約があるというのは何かと不便。

さんざん悩んで決めた今回の紅葉巡りは「土岐市」です。まあ豊田市の隣ですから完全自走ながらも紅葉撮影に費やす時間もたっぷり取れます。そして小原地区(旧・小原村)の四季桜にも立ち寄れるので、撮影三昧の紅葉サイクリングとなります。

本日のレポートはこちらです。
→ BIANCHI Via Nirone でツーリング Vol.23 土岐市の紅葉と小原村の四季桜

自宅から猿投神社まで1時間弱でしたが、なぜかペダルが妙に重く感じ、脚が既に疲れている状態でした。一泊二日の出張で約10kmのウォーキングをしたことや、その翌日にミニベロ16でジテツウをやった影響なのでしょうか。ミニベロ16でケイデンス100rpmで疾走すると結構な運動量になりますが、傍から見れば滑稽な姿かも…

ちょうど中間地点にあったコンビニで昼食タイムとしましたが、すでに激疲れ状態になっていました。しかし、その疲れ具合が最後まで同じたったというのも不思議なものです。やはり走行の疲労ではなく、昨日までの疲労が残っていたのかもしれません。

HOME
ページランク総カウント数