「E-510を使ってみる」第一部完結編

HOME

HOME >> スナップ専科「E-510」 >> 「E-510を使ってみる」第一部完結編

「E-510」のピント問題の謎は深まるばかり。最終試験のつもりで「どまつり」で試してみた。

ほぼ100%の確率でピントが合わないパターンです。
絞り F3.5 実焦点距離 18mm
どまつり
このサイズでは分かりにくいため、切り出してみると…
さーて、どこにピントが来ているのでしょうか。
どまつり
随分と後ろの方にありますね。

それでは主なる被写体が目立つような場合はどうでしょうか。
絞り f3.5 実焦点距離 18mm
どまつり
L版サイズにプリントすれば目立たないなんていうレベルではないです。
こちらも切り出してみると…
どまつり
ピントが合っていないのならどこにも合っていない方がごまかしが効くけど、後ろにピントが来ていてはどうしようもありません。
ちなみにこれは被写体が中央に位置した時にフォーカスロックさせて12連写した中の一枚です。

ということで、被写体がこのくらいの大きさに写る場合はピントが合いません。

広角側が全てピントが合わないというわけではありません。
これなら合う可能性が高いというパターンです。
絞り F5.6 実焦点距離 18mm
どまつり
もともと被写界深度が深くなるフォーサーズですので、絞りをF5.6にして、広角側でも被写体を大きく写るように撮ることができれば、とりあえずピントが来ているように写ります。
どまつり
このように主となる被写体をここまで大きく撮ることができるのなら問題ありません。

それでは標準域ならピントが合うのかというと、そういうわけではありません。
絞り F5.6 実焦点距離 33mm (換算66mm相当の画角)
どまつり
これならL版サイズにプリントすれば目立たないというレベルでしょうか。でも大きいサイズにプリントするピントがずれていることが分かってしまいます。
切り出してみると…
どまつり
標準域の撮影でも、主となる被写体が占める面積が少ないとピントを外す可能性が高いということです。

それではもう少し主となる被写体を大きく写してみると…
絞り F5.6 実焦点距離 51mm (換算102mm相当の画角)
どまつり
良いみたいです。それではもう一枚。
どまつり
完璧ではありませんが一般的には問題となるレベルではありません。このくらいピントがくれば、大きいサイズでプリントしても大丈夫かと。

ならば望遠域ならピントが合うでしょう。
絞り F5.8 実焦点距離 114mm (換算228mm相当の画角)
どまつり
被写体をアップで撮れるのですから、ピントが合うのは当然です。
もう一枚。
絞り F6.0 実焦点距離 171mm (換算342mm相当の画角)
どまつり
「ZD18-180mm」は梅クラスのレンズですが、中間から望遠域なら結構良い写りをします。
いちおう望遠域ならピントが合いますが、テレ端を使っても被写体を大きく写せない距離から撮った場合にどのような結果が出るのかは分かりません。

ZD14-54mm、ZD50-200mm、ZD18-180mmの3本全てでピント精度に問題があり、それはレンズ側ではなくE-510側に問題があるのにも関わらず、それほど世間では騒がれていません。

なお、上記3本のレンズをE-1で使った場合、全く問題ありません。(ZD18-180mmについては試写程度ですが)

もしかしたら廉価版レンズ(キットレンズ)ならば問題が起きないのかという憶測を実際に確かめてみた。

E-510 + ZD14-45mm F3.5-5.6(E-300のキットレンズ)
絞り F3.5 実焦点距離 14mm (換算28mm相当の画角)
どまつり
切り出してみると…
どまつり
描写が甘いため、全然ピントの芯が分かりません。それゆえに「ピント問題」が表面化しません。
プリントする段階でシャープネスを掛ければ一般的には通用するレベルです。

絞り F4.0 実焦点距離 22mm (換算44mm相当の画角)
どまつり
切り出してみると…
どまつり
このレベルのなら、まあ良いのでは。

絞り F5.6 実焦点距離 45mm (換算90mm相当の画角)
どまつり
切り出してみると…
どまつり
“シャッキーン”とはいかない替わりにピントに違和感がないため、記念写真としては十分に合格点を与えられるレベルかと。

ということでE-510のAFは「キットレンズ」用にチューニングされているようです。「コンデジを使っている人がE-510ダブルズームキットを使って“そこそこ綺麗に撮れる”こと」がE-510の位置づけであり、それ以上でもそれ以下でもない。オリンパスは「E-510」のターゲットを製品発表時にもっと明確に告知すべきだったのでは? (カメラ雑誌のインタービューだけではなく)


ページランク総カウント数
3614