HOME

OLYMPUS μ-30

2005年10月26日

WPCEXPO2005

「WPCEXPO」の位置づけが数年前から変わってきており、今年の展示内容を見る限り“一般消費者”が楽しむイベントになってしまったようだ。盛り上がっていそうなステージを巡回して撮影するが、某ブースのイベントには驚かされる…。
撮影機材: OLYMPUS μ-30

2005年10月09日

初めてのF1観戦

決勝レース日の帰りが悲惨な状況になることは有名で、とても自分の運転で帰りたくない。公共交通機関を使ったとしてもどうにもならないようで、こうなったら最後の手段「決勝レース観戦バスツアー」を使うことにした。ツアーには「3日間通し券」が含まれているため、抽選で当たる「特別ピットウォーク」に申し込んだところ幸運にも当選。他の諸事情もあって鈴鹿への出撃は予選走行日を除いて、「木曜日の特別ピットウォーク」、「金曜日のフリー走行」、「日曜日の決勝レース」となった。

2005年09月24日

2005スーパーGT第6戦富士「予選日」

朝からずっと雲行きが怪しい空模様であったが、なんとかピットウォークの時間まで持ち堪えた。と誰もが思っていた矢先、ピットウォーク開始直前に突然の雨、それもかなりの量である。慌ててD70sを片付け、μ-30で撮ることにした。

2005年08月21日

第34回インターナショナル ポッカ1000km

初めての「雨の中でのサーキット撮影」になったが、いつもと違う写真が撮れたと言う事で結構満足。E-1とμ-30の“雨でもヘッチャラコンビ”が初めて活躍した一日だった。今日の活躍が無かったらμ-30とはオサラバする予定であったが、とりあえずは残すことにしようかな。もちろんE-1は、これからもメイン機です。
撮影機材: OLYMPUS E-1、μ-30

2005年08月14日

今年のお盆休みは「牧歌の里」と「日本昭和村」

初日は「牧歌の里」と「高山」であるが、渋滞を少しでも避けるために早めの出発をしたかった…。と思っていたのは私だけで、相変わらず、なんだかんだで7時40分出発。豊田東ICから高速を使い思ったよりも順調に進んだが、郡上八幡手前で大渋滞発生。
撮影機材: NIKON D70s、OLYMPUS μ-30

2005年04月04日

夜の奥山田のシダレザクラ

同僚が会社帰りに奥山田のシダレザクラの撮影をするということだったので、同行しました。撮影機材は出張のお供のμ-30を使いましたが、あくまでも「旬の写真館」への投稿写真を撮れたら良いやと割り切って数カット撮影。
撮影機材: OLYMPUS μ-30

2004年08月22日

2004年第33回 Pokka1000km

キャンギャルステージは今回もS1ISで撮影。しかし、ストロボチャージが遅くてまともに撮れないのはチト辛いか。午後のピットウォークもS1ISで撮影。μ-30の時よりはギャル達の愛想が多少良かったような感じたのは気のせい?
決勝レースの課題は「縦位置で流し撮り」、「超望遠レンズを使って迫力写真」、そしてバックファイアが派手なNSXを見て閃いた「バックファイアを流し撮り」の3本立てでイザ勝負。
撮影機材: CANON S1IS、OLYMPUS E-1、OLYMPUS μ-30

2004年08月01日

お手軽カメラ「μ-30」

出番が無くなったS5000君の代わりを何にするのか時々思い出すように検討していたのだが、物欲爆発をきっかけに本日S5000君とおさらばして新しい遊び用デジカメを購入。5万円以下のコンパクトデジカメなんてどれも似たようなもの。はっきり言って「何を買おうか」なんて悩む必要などない。何か特徴がある製品で、それが製品を選択するにあたり最大の要因であるかどうかだけである。しかし、現実には特徴ある製品というものは非常に少ない。
OLYMPUS μ-30


このページは青空写楽のカテゴリ「OLYMPUS μ-30」のアーカイブページです。
総カウント数
4341