HOME

鞍ヶ池

2009年05月10日

西三河のバラ巡り2009

2009年の春バラ巡りは、西尾市の憩の農園、刈谷市のミササガパーク、岡崎市の奥殿陣屋、豊田市の鞍ヶ池、豊田市の西山公園です。

2008年11月23日

「鞍ヶ池の紅葉」でGX200のRAWを試す

GX200のクセを掴むためにも撮影機会がある程度必要ですが、絶好の行楽日和ということもあって紅葉スポットはどこも激混みです。そこで、ある程度の紅葉を見ることができる「豊田市鞍ヶ池公園」に行ってきました。

2008年04月05日

鞍ケ池の桜

今シーズンの桜撮影は近場の「鞍ケ池」で十分楽しめました。「鞍ケ池」の桜は以上で全てではなく、まだまだ沢山咲いていますが、全てを回りきる体力がありませんでした。弁当を持参して休憩を取りながら一日かけて回ることをお勧めします。

2007年06月30日

鞍ヶ池で「OLYMPUS E-510」を試してみる

昨日に引き続き今日も「E-510」の試し撮りを実施。撮影場所は「動物」と「花」を撮ることができる「鞍ヶ池」を選択。手振れ補正搭載の「E-510」なら「100-400mm」相当の画角でも手持ちで扱えるため、今日は「ZD50-200mm」を終始使用。さて結果はいかにということだが…

2007年06月24日

鞍ヶ池公園の『あじさいの道』2007

待望の「雨の休日」になったため、鞍ヶ池公園の『あじさいの道』で「雨の紫陽花」を撮ってきた。この『あじさいの道』は殆ど知られていないのか、せっかくの雨の休日でも観光客は皆無。のんびりゆっくりと花を観賞し、撮影に没頭できます。

2007年04月01日

鞍ヶ池の春2007

「桜」を求めて鞍ヶ池へ出撃。ところが天気予報がハズレ、どんよりした曇り空のため「風景としての桜」の撮影はとてもムリ。仕方なく「鞍ヶ池の春」を撮る事にしたが…

2006年10月27日

「EOS 30D + EF300mm F4L IS USM」鞍ヶ池公園で初撮り

サーキット撮影や運動会などでは十分に活躍してくれる「EF70-300mmIS」であるが、高感度に強いEOS30Dといえでも、テレ端がF5.6で“開放絞り”が非実用的なレンズを使っていては“宝の持ち腐れ”である。いろいろと検討したが、今回の落とし所として選んだレンズは「EF300mm F4L IS USM」である。

2006年06月24日

旅カメラ「あじさいの道」

鞍ヶ池の東端の脇道に入ったところが「あじさいの道」である。豊田市街側からやってくる人たちには、殆ど気がついてもらえない場所かもしれない。ここにも駐車場があるのだが、ここまで来る人は少ないらしく、いつもガラ空きである。
撮影機材: DMC-TZ1

2006年06月17日

鞍ヶ池公園のラベンダー畑

ハイウェイオアシスとして生まれ変わった「鞍ヶ池公園」は年々豪華になり、今はちょうど「ラベンダー畑」が見頃です。鞍ヶ池公園の「四季の古里」に隣接する斜面にが植えられている「ドームブルー」は、トヨタ自動車がバイオ事業として開発した暑さに強い品種のラベンダーで、7月中旬まで見られるそうです。
撮影機材: NIKON D70s

2005年11月13日

鞍ヶ池の紅葉は

昨日に引き続き今日も「DiMAGE X1」の試し撮り、被写体は「紅葉」であるが…。あくまでも「DiMAGE X1」のネーチャー系での使い勝手を試すのが目的であるため、近場の鞍ヶ池へ出向いた。
撮影機材: DiMAGE X1

2005年04月09日

春爛漫「鞍ヶ池の桜」

愛知県の桜もようやく満開です。そして今日は晴天の春日和。明日から再び天気が崩れそう、ということで青空と桜を撮るラストチャンス。今日の撮影場所は再び「鞍ヶ池」、そして撮影機材は「8800」と「E-300+魚眼」である。
撮影機材: COOLPIX8800、OLYMPUS E-300

2005年04月03日

鞍ヶ池

MAGロードの鞍ヶ池PA設置に伴ってハイウェイオアシスとして生まれ変わった鞍ヶ池公園にさっそく行ってきましたが、随分綺麗になっていて驚いた。
撮影機材: COOLPIX8800

2003年04月05日

桜と雫

撮影機材は一式持っていきましたが、終始Tvsだけ携帯して撮影。さすがに雨の中、E-20(+三脚)で撮るような無謀なことはできません。
帰宅してさっそくTvsで撮った写真をチェック。結構いけてますよ。これならTvsはE-20のサブとして今後も活躍してくれることでしょう。
撮影機材: CONTAX Tvs DIGITAL


このページは青空写楽のカテゴリ「鞍ヶ池」のアーカイブページです。
総カウント数
6070